レビュー|グランツ トリプルウッド スモーキー|ほのかなフルーティー&スモーキー

当サイトはAmazonアソシエイト等アフィリエイト広告を利用して収益を得ています。
【レビュー】グランツ トリプルウッド スモーキー

『グランツ』はブレンデッドスコッチウイスキーで世界販売量第3位を誇るブランド。シングルモルトの先駆け「グレンフィディック」を手掛けるウィリアム・グラント&サンズ社によって製造されています。「グランツ トリプルウッド スモーキー」はその名の通り、グランツのスモーキータイプのブレンデッドウイスキーです。

らま

スタンダードボトル「グランツ トリプルウッド」の透明ボトル+レッドラベルに対して、黒いボトル+グレーラベルがちょっとカッコいいんですよ。

グランツ トリプルウッド スモーキーはこんなウイスキー

  • それほど個性的ではないが、バニラ・フルーティー・スモーキーがバランス良い。
  • ライトボディでスモーキーさは控えめ。
  • オン・ザ・ロックスでスモーキーな風味をもっとも楽しめる。

記事の後半で他のグランツ トリプルウッドシリーズ、ジョニーウォーカー ブラックラベルとの比較もしています。ぜひ最後まで読んでいってください。

目次

グランツ トリプルウッド スモーキーの基本情報・ストーリー

基本情報

銘柄 グランツ トリプルウッド スモーキー
原産国 スコットランド
分類 ブレンデッド
主要モルトグレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィ、アイルサベイ
熟成樽アメリカンオーク樽、リフィルバーボン樽、ヴァージンオーク樽
アルコール度数 40%
所有者 ウィリアム・グラント&サンズ社
取扱い 三陽物産
参考価格 1,900~2,400円

ストーリー

「グランツ トリプルウッド スモーキー」はスタンダードボトル「グランツ トリプルウッド」と同様の原酒、熟成樽が使われています。つまり原酒にはグレンフィディックバルヴェニーキニンヴィアイルサベイのモルト原酒、ガーヴァンのグレーン原酒が使われ、繊細なバニラの口当たりを付与するアメリカンオーク濃厚でまろやかな甘味を付与するリフィルバーボンスパイシーなたくましさを付与するヴァージンオークの3種類の樽で熟成したグランツのオリジナルブレンドがベースとなっています。

グランツスモーキーのブレンド

このベースウイスキーにピーテッドウイスキーを加えることで「グランツ トリプルウッド スモーキー」が出来上がります。

グランツ トリプルウッド スモーキーのテイスティングレビュー・評価

グランツ トリプルウッド スモーキーの特性レーダーチャート

グランツスモーキーの特性レーダーチャート
【香り】調和:4,豊か:3,個性的:4
【味わい】調和:5,まろやか:4,豊か:4,濃い:3,個性的:4

グランツ トリプルウッド スモーキーの特徴グラフ

コメント(ストレートでの評価 オススメ度:

グランツ トリプルウッド :ストレート

グラスに鼻を近づけると、リンゴや柑橘のややフルーティーな甘い香りが感じられ、スモーキーさは弱め、アルコールのツンとした刺激臭があります。リッド(蓋)でグラスに香りを閉じ込めてからリッドを外してすぐ鼻を近づけるとスモーキーさはきちんと感じ取れます。

口に含んでみると、バニラの甘味穀物の優しい甘さ柑橘感のある甘味と苦味があり、同時にやや弱めのスモーキーさが感じ取れます。ライトボディながらしっかりとした特徴です。

余韻は30秒程度で、柑橘のフルーティーとバニラは5秒ほどがピーク、柑橘とバニラの後をスモーキーさが追ってきます。これらの風味は徐々に弱まって20秒あたりでは苦味が目立ち最後はドライで辛口スパイシーに。

グランツ トリプルウッド スモーキーの飲み方別 オススメ度

飲み方オススメ度
ストレート
ストレート
4
加水
加水
4
オン・ザ・ロックス
オン・ザ・ロックス
5
ハイボール
ハイボール
5
ホットウイスキー
ホットウイスキー
3

加水 オススメ度:

グランツ トリプルウッド :加水

数滴の加水でアルコール刺激が弱まりまろやかに。スモーキーさも感じやすくなります。

オン・ザ・ロックス オススメ度:

グランツ トリプルウッド :オン・ザ・ロックス

アルコール刺激はなく、まったりとした甘味とスモーキーが楽しめます。もっともスモーキーさが強く楽しめる飲み方で、フルーティーさとのバランスも良くオススメです。

ハイボール オススメ度:

グランツ トリプルウッド :ハイボール

スモーキーさは少し弱まりますが、柑橘のような酸味と苦味が強まり、弱めのリンゴの風味も楽しめます。飲み込んだ後の鼻から抜けるスモーキーさが心地良いです。

後味にわずかに柑橘の苦味があることでスッキリとした飲み口で、食中酒としても優秀でしょう。

ホットウイスキー オススメ度:

グランツ トリプルウッド :ホットウイスキー

ウイスキー:お湯=1:2でつくりました。

スモーキーとフルーティーは感じますが苦味も目立ちます。風味が全体的に薄っぺらくなり、他の飲み方に比べもっとも特徴がなくなりました。

後味にややえぐみも感じられ、バランスが崩れた印象です。

グランツ トリプルウッド スモーキーとグランツ トリプルウッドシリーズとの比較

グランツトリプルウドシリーズの比較

グランツ トリプルウッド スモーキーとグランツ トリプルウッドシリーズ(グランツ トリプルウッド(ノンエイジ:NAS)、グランツ トリプルウッド 8年)と比較しました。

グランツ トリプルウッド スモーキーとグランツ トリプルウッドシリーズとの特性比較

グランツスモーキーとグランツシリーズとの特性比較レーダーチャート

グランツ トリプルウッド スモーキーとグランツ トリプルウッドシリーズとの特徴比較

グランツ スモーキーはグランツ(NAS)をベースにしていることがよくわかる味わいでした。スモーキー要素が加わることで、グランツ(NAS)で感じられたバニラウエハース感はあまり感じ取れなくなりましたが、アルコール刺激が少し弱まってまろやかな飲み口に。香りについても嗅ぎ比べると確かにスモーキーです。

価格も近いグランツ 8年と比べると、スモーキーや薬品要素以外は一回り弱く、好みの問題にもなりますがグランツ 8年のコスパの良さが際立ちます。

グランツ トリプルウッド スモーキーとジョニーウォーカー ブラックラベルとの比較

グランツ トリプルウッド スモーキーとジョニーウォーカー ブラックラベルとの特性比較

グランツスモーキーとジョニ黒との特性比較レーダーチャート

グランツ トリプルウッド スモーキーとジョニーウォーカー ブラックラベルとの特徴比較

ジョニーウォーカー ブラックラベルは香りの面ではグランツ スモーキーよりも豊かで複雑、味わいの面ではグラフ上は同点ですがジョニーウォーカー ブラックラベルの方がややコクがありました。特にドライフルーツやはちみつの風味、スモーキーさが強いです。

グランツ スモーキーはジョニーウォーカー ブラックラベルよりもさっぱりとした香り・味わいです。

グランツ トリプルウッドシリーズとジョニウォーカー ブラックラベルの比較表

グランツ トリプルウッドシリーズとジョニーウォーカーブラックラベルの4銘柄を対象とした比較表を用意しました。

スクロールできます
グランツ トリプルウッド スモーキーグランツ トリプルウッド(NAS)グランツ トリプルウッド 8年ジョニーウォーカー ブラックラベル
特性NASに比べてややまろやか味わいがしっかり(価格の割に)まろやかで香り・味わいともに豊か複雑さ・コクがありバランス良い
特徴穀物と柑橘、バニラの甘さ、弱めのスモーキーがバランス良い
・余韻は短く、少しウエハースがある
・ライトボディ
穀物と柑橘、バニラの甘さがバランス良い
・余韻は短く、少しウエハースがある
・ライトボディ
バニラと熟したリンゴの甘さ
・余韻は長くビターチョコウエハースを感じる
・ミディアム寄りのライトボディ
青リンゴのキリっとした甘さ
甘くフローラルの後にスモーキー
・ミディアム寄りのライトボディ

感想・まとめ:スモーキーウイスキー入門にオススメ

グランツシリーズのスモーキータイプ「グランツ トリプルウッド スモーキー」を紹介しました。スタンダードボトルの「グランツ トリプルウッド」がベースとなってピーテッドウイスキーが加えられたということがわかりやすい香り・味わいでした。

ウイスキー初心者の方にはストレートだとアルコール刺激が強いかもしれませんので、ハイボールやオン・ザ・ロックスで飲むのが良いでしょう。特にオン・ザ・ロックスではアルコール刺激が弱まりスモーキーさを感じやすくなるので、スモーキーウイスキーに挑戦したいという方にはオススメ。もしオン・ザ・ロックスでスモーキーが苦手だと感じたとしてもハイボールであれば爽やかな飲み口で楽しめます。

らま

2023年8月現在、店頭では見かけることが少なくなってきましたがAmazonや楽天市場では購入可能ですよ。

こんな方にオススメ
  • 2,000円前後でスモーキーハイボールに合うウイスキーをお探しの方
  • スモーキーウイスキー入門で弱めのスモーキーから慣れたい方
  • グランツ トリプルウッドシリーズがお好きな方
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次