レビュー|I.W.ハーパー ゴールドメダル|優しい甘さで飲みやすい万能バーボン

当サイトはAmazonアソシエイト等アフィリエイト広告を利用して収益を得ています。
【レビュー】I.W.ハーパーゴールドメダル

濃い琥珀色の液体と金色のラベルが印象的なウイスキーをコンビニで見たことがある方は多いのではないでしょうか?今回紹介する「I.W.ハーパー ゴールドメダル」は全国のコンビニはもちろん、スーパーやドラッグストアなどに多く流通しているバーボンウイスキー(アメリカンウイスキー)なんです。

らま

金ピカのラベルをよく見ると上部に5種類のメダルが描かれています。これはI.W.ハーパーが優れたバーボンウイスキーであることの証なんです。詳しくは後ほど説明しますね。

I.W.ハーパー ゴールドメダル』はこんなウイスキー

  • バーボン特有の接着剤のにおいが抑えめで優しい甘さ。
  • ストレートでも飲みやすく、どんな飲み方も味わい崩れず楽しめる。
  • ライト寄りのミディアムボディでバーボン初心者にもオススメ。
目次

I.W.ハーパー ゴールドメダルの基本情報・ストーリー

基本情報

銘柄 I.W.ハーパー ゴールドメダル
原産国 アメリカ
分類 バーボンウイスキー
アルコール度数 40%
所有者 ディアジオ社
取扱い ディアジオ・ジャパン
参考価格 2,000~2,600円

ストーリー

I.W.ハーパーの創業者はアイザック・ウォルフ・バーンハイムというアメリカに移民したユダヤ系ドイツ人です。『I.W.ハーパー』という名前は創業者アイザックのイニシャルである「I.W.」と彼の親友フランク・ハーパーの名前を冠し名付けられました。

アイザック・ウォルフ・バーンハイムは弟とともに1872年にバーンハイム蒸留所を立ち上げました。当時品質の悪いバーボンが多かったなか、品質にこだわり1877年に完成したバーボン「I.W.ハーパー」は1885年ニューオリンズの万国博覧会で金賞を受賞、その後も各地の様々な博覧会で合計5つの金賞を受賞しました。これが「ゴールドメダル」という名前の由来です。

1950年代には広告塔として「籐のステッキを持ったシルクハットの紳士」が登場し、”I.W.ハーパーは都会的で洗練されたイメージ”であることを確立しました。現在のボトルのキャップには丁寧にお辞儀しているシルクハットの紳士が描かれています。

I.W.ハーパー ゴールドメダルは6年熟成原酒をメインにブレンドされていて、原料のトウモロコシ比率は86%以上です。バーボンウイスキーの原料規定として「トウモロコシを51%以上使用」する必要がありますがこれを余裕で越える比率です。アメリカンウイスキーにはコーンウイスキーという種類がありこちらの原料規定は「トウモロコシを80%以上使用」とあるので、I.W.ハーパーはコーンウイスキーなのかと思われるかもしれませんが、熟成規定の「内側を焦がしたオークの新樽に樽詰め」が該当するのでやはりバーボンウイスキーなんです。

種類原料規定熟成規定
バーボンウイスキートウモロコシを51%以上使用内側を焦がしたオークの新樽にアルコール度数62.5%以下で樽詰めし、熟成させたもの。
コーンウイスキートウモロコシを80%以上使用古樽か、内側を焦がしていないオークの新樽にアルコール度数62.5%以下で樽詰めし、熟成させたもの。
らま

原料にトウモロコシが多いと酒質は甘くまろやかになります。これはI.W.ハーパーと他のバーボンを飲み比べると実感できるはずです。

バーンハイム蒸留所は1999年に同じくバーボン製造者であるヘブンヒル社に買収され、ヘブンヒル蒸留所の一部になりましたが、I.W.ハーパーはディアジオ社が所有し現在バーンハイム蒸留所では製造されていません。ヘブンヒル蒸留所の公式サイトにもI.W.ハーパーは紹介されていませんでした。

I.W.ハーパー ゴールドメダルのテイスティングレビュー・評価

I.W.ハーパー ゴールドメダルの特性レーダーチャート

I.W.ハーパーゴールドメダルの特性レーダーチャート
【香り】調和:5,豊か:5,個性的:5
【味わい】調和:5,まろやか:4,豊か:4,濃い:5,個性的:5

I.W.ハーパー ゴールドメダルの特徴グラフ

コメント(ストレートでの評価 オススメ度:

I.W.ハーパー ゴールドメダル:ストレート

香りからはまず甘く華やかなエステリーさが感じ取れます。(“エステリー”とは、強すぎると接着剤のようなにおいに感じやすく、程よくあると華やかなにおいに感じるもの。)そしてバニラとカラメルもしっかりと感じます。

口に含んでみると甘味と同時にやや強めの苦味や少しの渋味、遅れてエステリーな風味がやってきます。甘ったるさはなく爽やかなレモンとメロンを足したような味わいをほのかに感じ、軽すぎないミディアム寄りのボディ感です。

余韻は長めで、最後にハチミツのようなコクのある甘さが残ります。

らま

苦味は感じますがイヤな苦味ではありません。焦がしやや強めのほろ苦カラメルのような苦味なのでバーボンの甘味との相性がいいんです!

I.W.ハーパー ゴールドメダルの飲み方別 オススメ度(5段階)

飲み方オススメ度
ストレート
ストレート
4
加水
加水
4
オン・ザ・ロックス
オン・ザ・ロックス
5
ハイボール
ハイボール
5
ホットウイスキー
ホットウイスキー
4

加水 オススメ度:

I.W.ハーパー ゴールドメダル:加水

苦味・渋味・酸味が弱まり、軽めの華やかなエステリー風味が楽しめます。フルーティーで飲みやすくなります。

オン・ザ・ロックス オススメ度:

I.W.ハーパー ゴールドメダル:オン・ザ・ロックス

甘味とバニラが弱まり、エステリーが少し弱まります。一方でフルーティーさが強まり、ほろ苦さが少しだけ強まります

程よいビターさと余韻に感じられる華やかさ・トウモロコシ由来の優しい甘さがとても飲みやすいです。

ハイボール オススメ度:

I.W.ハーパー ゴールドメダル:ハイボール

甘味・酸味・苦味・渋味が絶妙なバランスのハイボールになります後味に残るほのかなバニラがとても心地よいです。

I.W.ハーパー:ソーダ=1:4でつくったハイボールは通称「ハーパーソーダ」と呼ばれ親しまれています。公式でも推奨されている飲み方ですね。

ホットウイスキー オススメ度:

I.W.ハーパー ゴールドメダル:ホットウイスキー

エステリーさと木樽感、甘味がもっとも強く感じられる飲み方です。エステリーが強いからといって接着剤臭がすごいかというとそこまでではありません。エステリーさとともにフルーティーさもあるのでとても飲みやすいホットウイスキーです。

I.W.ハーパー ゴールドメダルとジムビーム ホワイトとの比較

I.W.ハーパー ゴールドメダルとジムビーム ホワイトとの比較

バーボンウイスキーで世界一の売上を誇るジムビームのスタンダードボトル「ジムビーム ホワイト」との比較をしました。アルコール度数は同じ40%です。色合いはI.W.ハーパー ゴールドメダルの方が濃いゴールドです。

I.W.ハーパー ゴールドメダルとジムビーム ホワイトの特性比較レーダーチャート

I.W.ハーパー ゴールドメダルとジムビーム ホワイトの特性比較レーダーチャート

I.W.ハーパー ゴールドメダルとジムビーム ホワイトの特徴比較

これら2銘柄に絞った比較表を用意しました。

I.W.ハーパー ゴールドメダルジムビーム ホワイト
特性まろやかでバーボンらしい風味がある特出した個性はないが飲みやすい
特徴○甘味・苦味・渋味の絶妙バランス
○弱めの接着剤のにおい
○ライト寄りのミドルボディ
○バニラの風味は強くはないがしっかり感じられる
○接着剤のにおいは弱い
○ライトボディ

ジムビーム ホワイトは個性が少ないバーボンですが、I.W.ハーパー ゴールドメダルはバーボン特有の風味をしっかり感じながらまろやかで飲みやすいです。どちらもバーボン初心者に適したボトルで、ジムビームを問題なく飲める方はI.W.ハーパー ゴールドメダルをぜひお試しください。

感想・まとめ:飲み慣れたらもっとバーボンが好きになる!

リーズナブルでありながらしっかりとしたバーボンの特徴とまろやかな飲み口の「I.W.ハーパー ゴールドメダル」を紹介しました。エステリーさ(接着剤系のにおい)が苦手だけどバーボンにこれから挑戦したい方にはまずはジムビーム ホワイトやフォアローゼズをオススメしますが、これら2本では物足りなくなった方には次の一本にオススメです。

らま

当ブログでは優しい甘さで飲みやすいI.W.ハーパー ゴールドメダルを今後のバーボンウイスキーの基準としてテイスティングしていくつもりです。

こんな方にオススメ
  • ジムビームやフォアローゼズではちょっと物足りない方。
  • 2,000円台で飲みやすいバーボンをお探しの方。
  • ハイボールをはじめ、色々な飲み方でもおいしく楽しめるバーボンをお探しの方。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次