レビュー|ホワイト&マッカイ スペシャル|3回熟成による深い味わいなのに低価格

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
【レビュー】ホワイト&マッカイ スペシャル

ホワイト&マッカイ スペシャルはラベルに”TRIPLE MATURED”と表記されている通り、3回もの熟成工程を経てつくられるスコッチブレンデッドウイスキー。現行ラベルに”SPECIAL”の文字はありませんが、輸入元の明治屋ではきちんと「ホワイトマッカイ スペシャル」と紹介されています。誕生から100年以上の歴史を誇る銘柄です。

らま

しっかりした味わいなのに比較的安価なので、ウイスキー初心者の方にもオススメの一本ですよ。

ホワイト&マッカイ スペシャルはこんなウイスキー

  • レーズンやカラメル、ハーブ、ママレードなどの甘い風味。
  • ミディアムよりのライトボディ。
  • 3回熟成による味わい深い複雑さが1,000円台!
ホワイト&マッカイ
¥1,722 (2024/05/19 22:44時点 | Amazon調べ)

記事の後半では同じ価格帯で買えるスコッチブレンデッドの「グランツ トリプルウッド」との比較もしています。ぜひ最後まで読んでいってください。

目次

ホワイト&マッカイ スペシャルの基本情報・ストーリー

基本情報

銘柄ホワイト&マッカイ スペシャル(トリプルマチュアード)
原産国 スコットランド
分類 ブレンデッド
主要モルト ダルモア、フェッターケアン、タムナヴーリン、アイル・オブ・ジュラなど
アルコール度数 40%
所有者 エンペラドール社(フィリピン)
取扱い 明治屋
参考価格 1,300~1,700円

ストーリー

歴史

ホワイト&マッカイのルーツは1844年にグラスゴーで創業した雑貨卸業でした。1882年に当時の支配人ジェームズ・ホワイトは友人チャールズ・マッカイと共にウイスキー事業に挑戦し、それに伴って二人の姓を組み合わせた「ホワイト&マッカイ社」に変更。その後見事に「ホワイト&マッカイ スペシャルブレンド」を世に送り出しました。「ホワイト&マッカイ スペシャルブレンド」は現在では「ホワイト&マッカイ スペシャル」と改名し、100年以上の長い間多くのファンに愛されています。

ホワイト&マッカイを特徴づける「トリプルマチュアード製法」

 ホワイト&マッカイの特徴的な製法として挙げられる「トリプルマチュアード製法」。まず、ダルモア、フェッターケアン、タムナヴーリン、アイル・オブ・ジュラをはじめとする35種類以上のモルト原酒がそれぞれシェリーバットで熟成されます(熟成①)。その後それぞれのモルト原酒をブレンド(ヴァッティング)して、このブレンデッドモルト原酒を再びシェリーバットで数ケ月熟成(熟成②)。ブレンデッドモルト原酒と別に熟成させていたグレーン原酒をブレンドして、さらにシェリーバットで2~3か月熟成(熟成③)が施されます。

らま

バットとは、480~500ℓの大きめの樽のことです。シェリー熟成用の樽には主にバットが使われています。

モルト原酒の熟成からブレンド後の後熟を2回の計3回もの熟成が行なわれることで、ホワイト&マッカイはまろやかで深みのある味わいに。

ホワイト&マッカイのラインナップで日本で簡単に購入できるのは「スペシャル」のみとなっています。昨年までは「13年」を店頭で見かけることがあったのですが、残念ながら終売してしまい、年数表記のボトルはヴィンテージボトルとしてメルカリなどで出回っているようです。

偉大なる鼻、マスターブレンダー:リチャード・パターソンのテイスティング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次