レビュー|バランタイン バレルスムース|個性は控えめのバランス型ウイスキー

当サイトはAmazonアソシエイト等アフィリエイト広告を利用して収益を得ています。
【レビュー】バランタイン バレルスムース

スコッチウイスキーとして世界第二位のシェアを誇る名門ブランド「バランタイン」。バランタイン バレルスムースはシリーズの中でもリーズナブル(2,000円前後)で、スーパーなどの店頭でも比較的見つけやすい銘柄です。

らま

ネットよりも店頭で買った方が数百円お得なことが多いですよ!

バランタイン バレルスムースはこんなウイスキー

  • キャラメルの甘い風味が強い。
  • 価格帯の割にまろやかで、飲みやすさ重視のバランスタイプ
  • ホットウイスキーがオススメ。

記事の後半ではバランタインシリーズで価格帯の近い「バランタイン 12年」、「バランタイン 7年」との比較もしています。ぜひ最後まで読んでいってください。

目次

バランタイン バレルスムースの基本情報・ストーリー

基本情報

銘柄バランタイン バレルスムース
原産国スコットランド
分類ブレンデッド
主要モルトグレンバーギー、ミルトンダフ、グレントファーズ、スキャパなど
アルコール度数40%
所有者ペルノリカール社
取扱いサントリーホールディングス
参考価格1,700~2,200円

ストーリー

バランタインの歴史

バランタイン社の起源となる食料品店が創業されたのは1827年のこと。その後、1860年には酒税法が改正されてモルトウイスキーとグレーンウイスキーを混和するブレンデッドウイスキーの製造許可が下りたことで、創業者ジョージ・バランタインはウイスキーのブレンダーとして歩むことに。

バランタインブランドが誕生してから110年以上が経ち、今ではスコッチウイスキー販売量はジョニーウォーカーに次ぐ世界第2位を誇り、名実ともにスコッチブレンデッドメーカーとして不動の地位を築き上げました。

バランタイン バレルスムースの製法

バランタインシリーズは、グレンバーギーミルトンダフグレントファーズスキャパなどをキーモルトとして、それ以外にも厳選された数十種類の原酒をブレンドしています。バランタイン バレルスムースは、バレルスムース専用にブレンドされた原酒を、バランタイン独自のチャーシステムで内側を丁寧に焼き上げたアメリカンオーク樽で後熟(マリッジ)させて仕上げられています。

らま

「チャー」とは、樽の内側を直火で焼き付けることです。チャーによって樽内側に炭化層がつくられ、炭化層からはキャラメルのような風味成分などがウイスキーに溶出します。

バランタイン バレルスムースのテイスティングレビュー・評価

バランタイン バレルスムースの特性レーダーチャート

バランタイン バレルスムースの特性レーダーチャート
【香り】調和:4,豊か:3,個性的:3,
【味わい】調和:5,まろやか:4,豊か:3,濃い:3,個性的:4

バランタイン バレルスムースの特徴グラフ

コメント(ストレートでの評価 オススメ度:

バランタイン バレルスムース:ストレート

グラスに鼻を近づけると、キャラメルバニラの甘い香りが強く感じ取れます。注いだ直後はあまり感じませんでしたが、時間経過とともに華やかさとフルーティーさも現れます。

口に含むと、まず最初にキャラメルと、香りではほとんど感じなかったみずみずしいフルーティーさが感じられ、次いでバニラを、終盤ではウエハースのような穀物系の風味が感じ取れました。鼻から抜ける風味にリンゴのフルーティーさがあります。甘味苦味が程よくあり、まろやかで飲みやすい印象を受けました。苦味とセットでほんのわずか焦げ感はありますが、スモーキーというほどではありません。

余韻は短めで、ぼくの感覚では15秒ほど。きれいに消えていきます。

らま

クセはなく、それほど複雑さはありませんが、価格帯からも気兼ねなく飲めるのは嬉しいですね。

バランタイン バレルスムースの飲み方別 オススメ度

飲み方オススメ度
ストレート
ストレート
4
加水
加水
4
オン・ザ・ロックス
オン・ザ・ロックス
2
ハイボール
ハイボール
3
ホットウイスキー
ホットウイスキー
5

加水 オススメ度:

バランタイン バレルスムース:加水

数滴の加水でアルコール刺激はかなり落ち着き、よりスムースに。味わいのバランスは崩れず、ストレートをマイルドにした飲み心地です。

オン・ザ・ロックス オススメ度:

バランタイン バレルスムース:オン・ザ・ロックス

苦味が強調されて、奥行きのない平坦な味わいになってしまいました。フルーティーさは少し強まったのですが、バランスが崩れてイマイチな印象に。

ハイボール オススメ度:

バランタイン バレルスムース:ハイボール

甘口の、特段取り上げる要素のないハイボールになりました。無難な飲み心地で、良く言えば、食事やつまみには何にでも合わせやすそうです。

ホットウイスキー オススメ度:

バランタイン バレルスムース:ホットウイスキー

キャラメルの風味は弱まりましたが、リンゴバニラの風味が強まり、ほのかに穀物の優しい甘さも。

甘い香りは強いのですが、舌で感じる甘味はスッキリしています。余韻は短いですが、非常に飲みやすいホットウイスキーです。

バランタインシリーズ バレルスムースと12年、7年との比較

価格帯の近いバランタインシリーズ:バランタイン 12年、バランタイン 7年と飲み比べしました。

バランタインシリーズ バレルスムースと12年、7年との特性比較

バランタイン バレルスムースとバランタイン 12年、バランタイン 7年との特性比較

バランタインシリーズ バレルスムースと12年、7年とのとの特徴比較

これら2銘柄に絞った比較表を用意しました。

スクロールできます
バランタイン バレルスムースバランタイン 12年バランタイン 7年
特性バランタイン 12年から引き算した感じ穏やかながら複雑でバランス良い濃くはないが、個性がある
特徴・キャラメルの甘い風味
・鼻から抜ける香りにリンゴ
・ミディアム寄りのライトボディ
・一瞬だけリンゴと華やかさ、バニラ
・クリーミーで甘い風味
・ライト寄りのミディアムボディ
・リンゴの爽やかなフルーティーさ
・ふんわりバニラの甘い風味
・ライトボディ

バレルスムースは12年と系統が似ていて、12年からバニラやクリーミーさ、甘味を引き算した味わいに感じました。キャラメル風味はバレルスムースの方が強く、これはチャーされたアメリカンオーク樽熟成の影響が出ているのでしょう。華やかさや穀物感もありますが、12年のほうがスムースでまろやか、複雑さがあります。

らま

バランタイン 12年は2024年5月で終売なので、12年が定番宅飲みウイスキーだった方は、今後バレルスムースに移行するとあまり違和感がないかもしれません。

バレルスムースと7年はだいぶ印象が異なりました。バレルスムースは甘い系統で個性控えめタイプなのですが、7年はリンゴのフルーティーさが個性として感じられるタイプ。余韻はバレルスムースよりも7年の方がやや長く楽しめました。

このように比較するとバレルスムースが廉価版のように感じるかもしれません。メーカー希望小売価格は以下の通り。

銘柄希望小売価格(700ml)
バランタイン 12年3,080円
バランタイン 7年2,310円
バランタイン バレルスムース2,090円

バレルスムースは3銘柄で最安の価格設定なんです。味わいと価格を考慮した場合のコスパの良さは3銘柄で甲乙つけがたいというのが僕の感想です。

どの銘柄にも共通するのは、価格帯の割にアルコール刺激が少ないこと。どれも実質2,000円前後のブレンデッドウイスキーでまろやかで飲みやすい、バランタインのブレンド力の高さを物語っていますね。

感想・まとめ:価格も味わいもウイスキー初心者には挑戦しやすい

王道スコッチウイスキー「バランタイン」ブランドから、バランタイン バレルスムースを紹介しました。終売予定のバランタイン 12年に系統が似ていて、甘い風味とまろやかさが特徴のリーズナブルブレンデッドウイスキーです。

スーパーなどの店頭では2,000円でお釣りがくる価格で購入でき、アルコール刺激は少なめで個性も控え目なので、ウイスキー初心者の方にはお試ししやすいボトルではないでしょうか。ストレートでも飲みやすいのですが、個人的なオススメはホットウイスキー。スッキリ飲めるのに甘い風味がきちんと楽しめますので、是非お試しください。

こんな方にオススメ
  • ウイスキーにこれから挑戦したい初心者
  • リーズナブルで、甘い風味のバランス型ウイスキーをお探しの方
オススメできない方
  • 個性が強いウイスキーをお探しの方
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次