レビュー|ロリンズ|マイルド&ふくよかなテネシーウイスキー

当サイトはAmazonアソシエイト等アフィリエイト広告を利用して収益を得ています。
【レビュー】ロリンズ

テネシーウイスキーはアメリカンウイスキーの一種。テネシーウイスキーでもっとも有名なのは「ジャックダニエル」でしょう。では、ロリンズ テネシーウイスキーというウイスキーをご存知でしょうか。現在、日本の酒販店ではなかなか見かけることがないウイスキーですが、マイルドで飲みやすいオススメのテネシーウイスキーです。

らま

ロリンズは終売情報もあり、ほとんど見かけることがないウイスキーです。僕は1年前くらいに近場のスーパーで偶然見かけて購入してました。まだどこかの店舗にあるかな…

「ロリンズ」はこんなウイスキー

  • 突出した個性はないが、ほどよく複雑さがある。
  • 生プルーンのようなフルーティーさとシナモンのスパイス感。
  • マイルドでアルコール刺激は少ない。

記事の後半では同じくテネシーウイスキーである「ジャックダニエル ブラック」との比較もしています。ぜひ最後まで読んでいってください。

目次

ロリンズの基本情報・ストーリー

基本情報

銘柄 ロリンズ
原産国 アメリカ(テネシー州)
分類 テネシーウイスキー
アルコール度数 40%
所有者テネシーディスティラリー
取扱い 巴ワイン・アンド・スピリッツ
参考価格 3,000~3,600円(終売)

ストーリー

ロリンズは、アメリカンウイスキーの一種テネシーウイスキーです。テネシーウイスキーとは、バーボンウイスキーと同様に原料の51%以上がトウモロコシ、内側を焦がしたオークの新樽でアルコール濃度62.5%以下で樽詰めして熟成させたもの。テネシーウイスキーはテネシー州でつくられチャコールメローイング製法を行う必要があります。

チャコールメローイング製法とは蒸留直後のウイスキー原液を一滴一滴サトウカエデの炭で時間をかけてろ過するもの。ウイスキー原液は炭ろ過によって好ましくない香味が取り除かれ、その後樽貯蔵による熟成工程に移ります。

チャコールメローイング製法については「ジャックダニエル ブラック」の記事でもう少し詳しく説明していますので気になる方はこちらの記事もご覧ください。

ロリンズの受賞歴
参照元:ロリンズ テネシーウイスキー公式サイト

ロリンズは「Tennessee Whiskey, 2016 Sip Awards.」でプラチナ賞、「Tennessee Whiskey, 2016 San Francisco World Spirits Awards.」では金賞を獲るなどの実績もあるようです。

らま

公式サイトはあるのですが情報が少なく、製造工程のYouTube動画はリンク切れになっていました。

ロリンズのテイスティングレビュー・評価

ロリンズの特性レーダーチャート

ロリンズの特性レーダーチャート
【香り】調和:5,豊か:5,個性的:6,
【味わい】調和:6,まろやか:6,豊か:5,濃い:4,個性的:5

ロリンズの特徴グラフ

コメント(ストレートでの評価 オススメ度:

ロリンズ:ストレート

グラスに鼻を近づけると、砂糖を焦がし始めに感じるような優しいカラメルシナモンのような甘くて少し清涼感のある香り、やや酸臭をともなう木香が感じられます。バーボンやテネシーウイスキー特有のエステリーさ(華やかな甘い香りで、強いと接着剤臭)はあり、接着剤臭も少し感じられますが飲み慣れていない方でも不快には感じない程度でしょう。

口に含んでみると、何かの要素が突出しているというわけではなく、まろやかでとてもバランスの取れた味わいです。余韻は中程度でそれほど長くはなく、バニラにカラメルソースをかけたような風味、生プルーンのような熟していて酸味はなく少し甘い風味穀物の優しい甘さ、シナモンのスパイス感、後からほんのわずかに柑橘を感じます。エステリーさやアルコール刺激は少なめでテネシーウイスキー初心者の方でも飲みやすい味わいです。

らま

ストレートでもマイルドで飲みやすく、それなりに複雑さがあって、個人的に結構気に入ってます。

ロリンズの飲み方別 オススメ度

飲み方オススメ度
ストレート
ストレート
5
加水
加水
5
オン・ザ・ロックス
オン・ザ・ロックス
4
ハイボール
ハイボール
5
ホットウイスキー
ホットウイスキー
3

加水 オススメ度:

ロリンズ:加水

数滴の加水で甘味クリーミーさ、バニラの風味がアップしました。バランスは崩れることなく、わずかに生プルーンのフルーティーさも感じやすくなります。

オン・ザ・ロックス オススメ度:

ロリンズ:オン・ザ・ロックス

甘味が下がり、苦味が少し目立つように。フルーティーさは感じやすくなるものの、ストレートで感じていた複雑さは失われて少し単調な味わいになりました。

ハイボール オススメ度:

ロリンズ:ハイボール

穀物の優しい甘さと華やかさが炭酸の気泡とともに心地良く楽しめるハイボールです。生プルーン感は弱まりましたが、鼻から抜ける風味にはメロンのニュアンスもかすかに感じられ、フルーティーで軽い飲み心地に。

ホットウイスキー オススメ度:

ロリンズ:ホットウイスキー

ウイスキー:お湯=1:2でテイスティングしてみました。

甘さは弱まり苦味が目立つようになりました。複雑さもなくなり、バランスも崩れ薄い味わいになってしまいました。

ロリンズとジャックダニエル ブラックとの比較

ロリンズとジャックダニエル ブラックとの比較

テネシーウイスキーでもっとも有名な「ジャックダニエル ブラック」と比較しました。色はほとんど違いがなく、どちらも濃い琥珀色をしています。

ロリンズとジャックダニエル ブラックとの特性比較

ロリンズとジャックダニエル ブラックとの特性比較

ロリンズとジャックダニエル ブラックとの特徴比較

これら2銘柄に絞った比較表を用意しました。

ロリンズジャックダニエル ブラック
特性突出した要素は少ないが、まろやかで複雑複雑さはないが個性は強い
特徴○生プルーン、熟したフルーティーさ、シナモン
○接着剤は弱め
○ミディアム寄りのライトボディ
○華やかでメープルシロップを強く感じる
○接着剤のにおい強い
○ミディアム寄りのライトボディ

この2銘柄を飲み比べてみると、目指している方向性がだいぶ違うことがわかります。ジャックダニエル ブラックはガッツリとしたエステリーさ(=接着剤臭)が強調されていて甘さが目立ち、ロリンズは接着剤臭が弱く程よい複雑さがあるバランス型。ロリンズのほうが苦味も少なくきれいな味わいに感じました。

ロリンズの複雑さの中には木香やシナモン、プルーン、ジャックダニエルほどではありませんがメープルシロップも感じられました。

らま

ジャックダニエル ブラックが苦手な方でも、ロリンズは飲みやすくテネシーウイスキーのおいしさがわかりやすいと思います。

感想・まとめ:ネット通販では売り切れ、店頭で見かけたら買っていいかも。

残念ながら終売してしまったという情報があるテネシーウイスキー「ロリンズ」を紹介しました。テネシーウイスキーでもっとも有名なジャックダニエルと比べるとマイルドで飲みやすく、ジャックダニエルが苦手という方でも挑戦しやすいでしょう。

まだどこかの店頭に並んでいる可能性もあります。もし見かけたら購入を検討してもいいかもしれません。

こんな方にオススメ
  • テネシーウイスキー初挑戦の方
  • ロリンズを店頭で発見し(3000円台)、買うかどうか迷っているそこのあなた!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次